植物科学の最前線

ホーム > 一般向け情報 > 植物科学の最前線

植物科学の最前線(BSJ-Review)

 (公社)日本植物学会では、植物科学の最新の話題を、学会員の皆さま、さらには植物科学に興味をお持ちいただける一般の方々に、広く理解していただくために、和文の総説集『植物科学の最前線(BSJ-Review)』を、随時発行していくことを企画しました。

 本総説集は、大会シンポジウムとして企画された話題の中から、電子出版物編集委員会の依頼により、シンポジウム企画者、及び演者により、先端的講演内容を、学会ホームページからダウンロードできる形の総説にまとめていただき、広く提供していこうというものです。

 それぞれの研究分野で、今まさにどのような研究が展開されているかを、日本語で知ることができます。

 植物科学の最前線(BSJ-Review)』は、(公社)日本植物学会が発行する最初の電子媒体として、今後も植物科学の全分野に渡る総説の発行を続けて行くことを予定しています。

 是非多くの方々に閲覧頂きたいと思いますので、ご支援をよろしくお願いします。

(公社)日本植物学会 電子出版物編集委員会

第7巻 2016年発行 BSJ-Review vol. 7 (2016)

    C. 日本植物学会第79回大会シンポジウムNEW

    植物の環境認識と自律分散型情報統御システム

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-review7C
    • 1.環境刺激による気孔開度制御機構の解明に向けて 木下俊則(名古屋大学大学院・理学研究科、名古屋大学・トランスフォーマティブ生命分子研究所)・富山将和(名古屋大学大学院・理学研究科)BSJ-review7C:97-109
    • 2.植物科学におけるトランスクリプトーム解析の最前線 市橋泰範・福島敦史(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-review7C:110-123
    • 3.植物研究における2光子励起顕微鏡の活用 栗原大輔(名古屋大学大学院・理学研究科、JST・ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト)BSJ-review7C:124-130
    • 4.サリチル酸とジャスモン酸シグナルのクロストーク機構の解明 吉村亮・野元美佳(名古屋大学大学院・理学研究科)・多田安臣(名古屋大学大学院・理学研究科、名古屋大学・遺伝子実験施設)BSJ-review7C:131-141

    B. 日本植物学会第78回大会シンポジウム

    古い酒を新しい革袋に〜preexisting gene regulatory networkの転用による陸上植物のボディプラン革新

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-review7B
    • 1.巻頭言 古い酒を新しい革袋に〜preexisting gene regulatory networkの転用による陸上植物のボディプラン革新 石崎公庸(神戸大学大学院・理学研究科)・榊原恵子(金沢大学・学際科学実験センター)BSJ-review7B:47-54
    • 2.車軸藻クレブソルミディウムのゲノムから見た植物の陸上化 堀孝一(東京工業大学大学院・生命理工学院)・太田啓之(東京工業大学・生命理工学院、東京工業大学・地球生命研究所)BSJ-review7B:55-65
    • 3.TALE型ホメオボックス遺伝子族の進化による陸上植物複相の複雑化 榊原恵子(金沢大学・学際科学実験センター、立教大学・理学部)・古水千尋(Max Planck Institute for Plant Breeding Research)BSJ-review7B:66-77
    • 4.植物における日長による成長相転換制御のメカニズムとその進化 山岡尚平・河内孝之(京都大学大学院・生命科学研究科)BSJ-review7B:78-86
    • 5.NAC転写因子VNSファミリーが語る陸上植物の通水細胞進化の物語 大谷美沙都・出村拓(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科、理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-review7B:87-96

    A. 日本植物学会第78回大会シンポジウム

    C4光合成研究の新展開(New Era of C4 Photosynthesis)

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review7A
    • 1.C4光合成研究の新展開(New Era of C4 Photosynthesis) 古本強(龍谷大学・農学部・植物生命科学科)・榊原均(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-Review7A:1
    • 2.C4植物におけるストレス応答の細胞特異性 谷口光隆・三宅博(名古屋大学大学院・生命農学研究科)BSJ-Review7A:2-11
    • 3.CP12分子の機能の総括ーC4植物種フラベリアに高発現するCP12-3の機能解析をめざしてー 古本強(龍谷大学・農学部・植物生命科学科)玉井鉄宗(龍谷大学・農学部・資源生物科学科,龍谷大学・文学部)BSJ-Review7A:12-19
    • 4.Flaveria属植物の解析から見えるC4型進化モデル 宗景ゆり・谷口幸美(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科)BSJ-Review7A:20-27
    • 5.C3植物のC4化:Rubiscoだけでも役に立つ? 深山浩(神戸大学大学院・農学研究科・資源植物生産学分野)BSJ-Review7A:28-34
    • 6.C3/C4光合成型相互転換植物Eleocharis viviparaを用いたC4光合成を成立させる遺伝子の網羅的探索 原田大士朗(近畿大学大学院・生物理工学研究科)・坂本智昭・倉田哲也(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・植物グローバル)・大和勝幸(近畿大学大学院・生物理工学研究科)・泉井桂(近畿大学・先端技術総合研究所)・秋田求(近畿大学大学院・生物理工学研究科)BSJ-Review7A:35-41
    • 7.C4モデル植物Setaria viridisの研究ツールの整備 榊原均・木羽隆敏(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-Review7A:42-46

    第6巻 2015年発行 BSJ-Review vol. 6 (2015)

    B. 日本植物学会第78回大会シンポジウム

    細胞・組織における凹凸が生まれる機構とその意義

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review6B
    • 1.細胞・組織における凹凸が生まれる機構とその意義 為重才覚(名古屋大学・トランスフォーマティブ生命分子研究所)・中田未友希(立教大学・理学部)BSJ-Review6B:72-73
    • 2.植物とMEMS ~マイクロデバイスで植物を理解~ 新田英之(名古屋大学・ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト)BSJ-Review6B:74-81
    • 3.試験管内再構築系を用いたブレブ駆動型アメーバ運動機構の研究 西上 幸範・伊藤 弘明・市川 正敏(京都大学・理学研究科)BSJ-Review6B:82-91
    • 4.曲面上におけるパターンの運動 栄伸一郎(北海道大学・理学研究院,科学技術振興機構・CREST)BSJ-Review6B:92-101
    • 5.葉の表面構造と撥水性の発現機構 ―イネの葉における微細構造とロータス効果― 相賀彩織・伊藤純一(東京大学・農学生命科学研究科)BSJ-Review 6B:102-111
    • 6.葉の凹凸形態形成の制御機構 小山知嗣(公益財団法人サントリー生命科学財団・生物有機科学研究所)BSJ-Review6B:112-125

    A. 日本植物学会第77回大会シンポジウム

    生存戦略としての細胞リプログラミング

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 6A
    • 1.生存戦略としての細胞リプログラミング 岩瀬哲・池内桃子(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-Review 6A:1
    • 2.カルス形成の分子メカニズム~アクセル因子とブレーキ因子~ 岩瀬哲・池内桃子・杉本慶子(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-Review 6A:2-22
    • 3.傷付いた植物はどのように修復・再生するのか 池内桃子・岩瀬哲・杉本慶子(理化学研究所・環境資源科学研究センター)BSJ-Review 6A:23-30
    • 4.植物の切断組織における組織癒合へのホルモンと細胞壁代謝の関与 朝比奈雅志(帝京大学理工学部バイオサイエンス学科)・Pitaksaringkarn Weerasak・佐藤忍(筑波大学・生命環境系)BSJ-Review 6A:31-40
    • 5.ヒメツリガネゴケの幹細胞誘導機構 石川雅樹(基礎生物学研究所・生物進化研究部門、総合大学院大学・生命科学研 究科)BSJ-Review 6A:41-50
    • 6.陸上植物の細胞分裂の光制御とその進化 西浜竜一・河内孝之(京都大学大学院生命科学研究科遺伝子特性学分野)BSJ-Review 6A:51-62
    • 7.根粒初期発生における細胞リプログラミング機構 寿崎拓哉・川口正代司(基礎生物学研究所・共生システム研究部門、総合研究大 学院大学・生命科学研究科)BSJ-Review 6A:63-71

    第5巻 2014年発行 BSJ-Review vol. 5 (2014)

    C. 日本植物学会第77回大会シンポジウム

    光合成をやめた植物-菌従属栄養植物のたどった進化の道のり

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 5C
    • 1.光合成をやめた植物-菌従属栄養植物のたどった進化の道のり 辻田有紀(佐賀大学)・遊川知久(国立科学博物館)BSJ-Review 5C:84
    • 2.菌従属栄養植物の系統と進化 遊川知久(国立科学博物館)BSJ-Review 5C:85-92
    • 3.菌従属栄養性の生活様式を可能にした様々な適応進化-特に送粉様式の変化について- 末次 健司・加藤 真(京都大学)BSJ-Review 5C:93-109
    • 4.菌従属栄養植物の菌根共生系の多様性 谷亀高広(国立科学博物館)BSJ-Review 5C:110-119
    • 5.部分的菌従属栄養植物ベニバナイチヤクソウの発芽生態から見た菌従属栄養性の進化 橋本靖(帯広畜産大学)BSJ-Review 5C:120-129
    • 6.菌従属栄養植物の進化に伴う菌根菌相のシフト-進化の道のりでおこった菌根共生のダイナミックな変化- 辻田有紀(佐賀大学)・横山潤(山形大学)・三吉一光(千葉大学)・遊川知久(国立科学博物館)BSJ-Review 5C:130-139

    B. 日本植物学会第77回大会理事会主催シンポジウム

    国外生物試料の研究と生物多様性条約に伴うABS(Access to genetic resources and Benefit Sharing)問題

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 5B
    • 1.生物多様性に関わる国際取り決めと学術研究の関係 渡邊和男(筑波大学・遺伝子実験センター)BSJ-Review 5B:53-61
    • 2.名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会の検討状況について 堀上勝(環境省・生物多様性施策推進室)BSJ-Review 5B:62-66
    • 3.学術研究分野における名古屋議定書の国内措置検討の課題 鈴木睦昭(国立遺伝学研究所)BSJ-Review 5B:67-73
    • 4.ABSに係わる日本の国内措置の方向性と多様性植物学分野の調査・研究 村上哲明(首都大学東京・牧野標本館)BSJ-Review 5B:74-78
    • 5.自然史資料収集とABS 西田治文(中央大学・理工・生命)BSJ-Review 5B:79-83

    A. 日本植物学会第76回大会シンポジウム

    植物科学が拓く進化細胞生物学

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 5A
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 村田隆(基礎生物学研究所)・上田貴志(東京大学)BSJ-Review 5A:1-2
    • 2.膜交通経路の多様性獲得機構から見た植物のポストゴルジ輸送網 藤本優・上田貴志(東京大学)BSJ-Review 5A:3-20
    • 3.葉緑体の分裂制御機構とその進化 宮城島進也(遺伝学研究所・JST, CREST)BSJ-Review 5A:21-36
    • 4.細胞骨格から見た植物細胞の進化 村田隆(基礎生物学研究所)BSJ-Review 5A:37-44
    • 5.植物細胞壁の構造と機能の多様性 横山隆亮・西谷和彦(東北大学)BSJ-Review 5A:45-52

    第4巻 2013年発行 BSJ-Review vol. 4 (2013)

    A. 日本植物学会第75回大会シンポジウム

    光合成生物の多様な光応答戦略

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 4 A
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 成川礼(東京大学)・石川美恵(東北大学)BSJ-Review 4:1-2
    • 2.シアノバクテリアの光応答戦略 -補色馴化・走光性・細胞凝集を制御する光応答システム- 成川礼(東京大学)BSJ-Review 4:3-12
    • 3.単細胞紅藻シゾンにおける光応答戦略 -葉緑体自律的な転写制御- 華岡光正(千葉大学)BSJ-Review 4:13-20
    • 4.黄色植物フシナシミドロの光応答戦略 -転写因子として働く青色光受容体オーレオクロム- 石川美恵・高橋文雄(東北大学)BSJ-Review 4:21-28
    • 5.褐藻の光応答戦略 -光形態形成- 吉川伸哉(福井県立大学) BSJ-Review 4:29-36
    • 6.基部陸上植物の光応答戦略 -フィトクロムを介した光形態形成の分子機構- 石崎公庸・井上佳祐・河内孝之(京都大学)BSJ-Review 4:37-44
    • 7.陸上植物の光応答戦略 -陸上植物における葉緑体の運動メカニズムの新機軸- 末次憲之・和田正三(九州大学)BSJ-Review 4:45-60

    第3巻 2012年発行 BSJ-Review vol.3 (2012)

    B. 日本植物学会第74回大会シンポジウム

    古くて新しいモデル植物ゼニゴケ ~陸上植物の多様性・普遍性の分子基盤を探る~

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 3 B
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 上田貴志(東京大学)・澤進一郎(熊本大学)・荒木崇(京都大学) BSJ-Review 3:56-57
    • 2.古くて新しいモデル植物としてのタイ類ゼニゴケの特徴 河内孝之・石崎公庸(京都大学) BSJ-Review 3:58-70
    • 3.見えてきたゼニゴケゲノム 大和勝幸 (近畿大学)・河内孝之(京都大学) BSJ-Review 3:71-83
    • 4.ゼニゴケの分類学と形態学 嶋村正樹(広島大学) BSJ-Review 3:84-113
    • 5.ゼニゴケ細胞生物学 恵良厚子・上田貴志(東京大学) BSJ-Review 3:114-121
    • 6.苔類のストレス応答と休眠におけるアブシシン酸の役割 竹澤大輔(埼玉大学) BSJ-Review 3:122-128
    • 7.ゼニゴケ MpCLE 遺伝子の解析 澤進一郎・本田紘章・田畑亮(熊本大学) BSJ-Review 3:129-133
    • 8.植物固有の転写因子 LEAFY とゼニゴケの有性生殖 荒木崇(京都大学) BSJ-Review 3:134-158

    A. 日本植物学会第76回大会本部企画シンポジウム

    植物バイオマスのミクロからマクロの動態:生態系・生物多様性と気候変動

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 3 A
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 村岡裕由(岐阜大学)・廣田充(筑波大学) BSJ-Review 3:1
    • 2.草原における群集レベルの生態系機能と生物多様性の関係 廣田充(筑波大学)・唐艶鴻(国立環境研究所) BSJ-Review 3:2-10
    • 3.森林の生態系機能を予測する-植物機能形質とその多様性から- 黒川紘子・饗庭正寛(東北大学)・小野田雄介(京都大学) BSJ-Review 3:11-21
    • 4.根圏動態研究における非破壊分光画像計測の可能性 中路達郎(北海道大学)・野口享太郎(森林総合研究所)・小熊 宏之(国立環境研究所) BSJ-Review 3:22-29
    • 5.森林生態系の光合成:生理生態学と衛星観測の融合による長期・広域評価 村岡裕由(岐阜大学)・野田響(筑波大学)・斎藤琢(岐阜大学)・永井信(海洋研究開発機構)・奈佐原顕郎(筑波大学) BSJ-Review 3:30-45
    • 6.森林地上部バイオマス分布・動態の衛星観測 本岡毅・島田政信(宇宙航空研究開発機構) BSJ-Review 3:46-55

    第2巻 2011年発行 BSJ-Review vol.2 (2011)

    日本植物学会第75回大会本部企画シンポジウム

    「多様な物質を生み出す力  ? 二次代謝の機能と制御」

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 2
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 加藤美砂子(お茶の水女子大学)・青木俊夫(日本大学) BSJ-Review 2:1
    • 2.黄花ツバキ属植物キンカチャの花色発色機構 谷川奈津(農業・食品産業技術総合研究機構) BSJ-Review 2:2-9
    • 3.植物由来テルペン生合成酵素遺伝子の効率的機能解析法の開発 ‐セスキテルペンを中心に‐ 原田尚志(神戸天然物化学株式会社) BSJ-Review 2:10-17
    • 4.イソフラボノイド生合成酵素遺伝子のディスカバリーから見えてきた多様性 明石智義(日本大学) BSJ-Review 2:18-23
    • 5.液胞移行型タンパク質によるアントシアニンの修飾反応 佐々木伸大(東京農工大学) BSJ-Review 2:24-29
    • 6.ニコチン生合成のマスター遺伝子;低ニコチン変異体からのアプローチ 庄司翼・橋本隆(奈良先端科学技術大学院大学) BSJ-Review 2:30-37
    • 7.共発現解析による二次代謝関連遺伝子の機能同定 平井優美(理化学研究所) BSJ-Review 2:38-47

    第1巻 2010年発行 BSJ-Review vol.1 (2010)

    B.日本植物学会第74回大会本部企画シンポジウム

    「分子でみる光合成生物の多様性・生態・環境」

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 1 B
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 宮下英明・瀬戸口浩彰(京都大学)、上井進也(新潟大学) BSJ-Review 1:42
    • 2.分子生物学的手法で見えてきたシアノバクテリアの分布と多様性 大久保智司(京都大学) BSJ-Review 1:43-56
    • 3.日本沿岸における海藻集団の地理的構造 上井進也(新潟大学) BSJ-Review 1:57-65
    • 4.アオコ形成ラン藻ミクロシスティスの生物地理 田辺雄彦(筑波大学) BSJ-Review 1:66-74
    • 5.海産有害・有毒プランクトンの分布と集団遺伝構造 長井敏(水産総合研究センター) BSJ-Review 1:75-86
    • 6.適応進化を担うフィトクロム‐日本産高山植物のPHYE 遺伝子における自然選択‐ 池田啓(東京大学) BSJ-Review 1:87-89
    • 7.シロイヌナズナ属における自家和合性進化の遺伝的背景を探る 土松隆志・清水健太郎(チューリヒ大学) BSJ-Review 1:90-95

    A.日本植物学会第73回大会公開シンポジウム

    「進化の原動力=細胞内共生」

    • 0.全総説をまとめて読む BSJ-Review 1 A
    • 1.シンポジウム実施の経緯とねらい 長里千香子(北海道大学) BSJ-Review 1:1-3
    • 2.クロミスタ=黄色い植物とその仲間たち 上井進也(新潟大学) BSJ-Review 1:4-10
    • 3.アルベオラータに見られる多様な生き方?特に渦鞭毛藻類について? 高野義人(長崎大学) BSJ-Review 1:11-15
    • 4.動物と植物のあいだ??半藻半獣の生き物ハテナ? 山口晴代(筑波大学) BSJ-Review 1:16-20
    • 5.光合成リザリア生物について ?クロララクニオン植物を中心に? 大田修平(フランス・ロスコフ生物学研究所) BSJ-Review 1:21-26
    • 6.違う生き方を選んだ兄弟:眠り病原虫とミドリムシ 中山剛(筑波大学) BSJ-Review 1:27-29
    • 7.植物の上陸作戦=シャジクモの辿った道 坂山英俊(神戸大学) BSJ-Review 1:30-35
    • 8.古今東西の植物の定義:これは植物ですか?と聞かれたら 仲田崇志(慶応大学) BSJ-Review 1:36-41