お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > 公益社団法人日本植物学会2019年度定例代議員会議事録

公益社団法人日本植物学会2019年度定例代議員会議事録

2019年4月 4日

公益社団法人日本植物学会2019年度定例代議員会

日時: 2019 年3 月10 日(日)13:00-15:10

場所: 東京大学理学部2号館 植物講義室 223 号室

出席者:代議員総数48名に対して出席者19名、委任状出席24名、議決権行使出席4名、欠席1名、三村徹郎会長、松永幸大専務理事(代議員を兼ねる)、彦坂幸毅理事(編集担当、代議員を兼ねる)、佐藤忍理事、佐野俊夫理事(会計担当)、小竹敬久理事(庶務担当)、福田裕穂監事(代議員を兼ねる)、松浦克美監事、経塚淳子広報委員長(代議員を兼ねる)

同席者:矢守航会計補佐委員、川合真紀次期専務理事候補者、植村知博次期理事(庶務担当)候補者、二宮三智子(事務局)、内田美重(事務局)

議事次第

1.会長挨拶
三村会長より挨拶があった。

2.定足数の確認
開始に先立ち、小竹庶務担当理事より、代議員総数48名に対して出席者18名、委任状出席24名、議決権行使出席4名である旨が報告され、本代議員会は定足数に達しており成立したことが確認された。その後、永田代議員が出席し、審議の際には出席者は19名であった。

3.議長選出
議長として河野代議員が選出された。

4.報告事項
(1)代表理事及び業務執行理事の職務執行状況報告
松永専務理事より、資料1に基づき各業務執行理事の職務が滞りなく行われていることが報告された。

(2)運営委員会からの報告
松永専務理事より、資料2-1に基づき、2019年1月27日に運営委員会が開催されたことが報告された。

(3)理事会からの報告
松永専務理事より、資料2-1に基づき、2019年2月10日に運営委員会が開催されたことが報告された。

(4)会務報告
松永専務理事より、資料2-1と2-2に基づき、臨時代議員会の開催、内閣府への2019年度事業計画の提出、監事監査の実施、新50年会員、会員状況について報告がなされた。

(5)会費未納による会員資格喪失対象者について
佐野会計担当理事より、資料2-2に基づき、会費未納による会員資格喪失対象者について報告がなされた。

(6)図書関連報告
東馬図書委員に代わり松永専務理事より、資料2-3に基づき図書関連の報告がなされた。

(7)各地の植物学会の調査活動について
松永専務理事より、資料2-3、2-4に基づき報告がなされた。西川代議員から指摘があり、今年の北陸植物学会は、6月30日に金沢大学で開催予定であると訂正された。

(8)財団等への推薦結果について
松永専務理事より、資料2-4に基づき報告がなされた。

(9)協賛と後援の承認について
松永専務理事より、資料2-5に基づき、後援3件と協賛1件の報告がなされた。

(10)2019 年度正会員(シニア会員)について
松永専務理事より、資料2-5に基づき、48名が正会員(シニア会員)に移行したことが報告された。

(11)平成30 年西日本豪雨、北海道胆振東部地震の被災者への対応について
松永専務理事より、資料2-5に基づき報告がなされた。

(12)次期運営委員について
三村会長より、資料2-5に基づき、佐野俊夫・次期会計補佐委員と伊藤正樹・次期広報委員長を2019年度定例代議員会から2020年度定例代議員会までを任期とする次期運営委員とすることが報告された。

(13)「植物学の百科事典」のPDF 版の販売状況について
三村会長より、資料2-5に基づき、2017年度、2018 年度の「植物学の百科事典」のPDF 版の販売状況について報告がなされた。

(14)Journal of Plant Research関連報告
彦坂JPR編集長より、資料2-6、3-1、3-2a、3-2bに基づき、予約購読部数と、編集出版状況、編集体制、出版計画が報告された。

(15)JPR将来構想委員会からの報告
彦坂JPR編集長より、科研費の研究成果公開促進費(国際情報発信強化A)の終了後のJPRのあり方、出版社の提案内容、必要な手続きの検討状況が報告された。

(16)公益社団法人日本植物学会 平成30年度事業報告
小竹庶務担当理事より、別紙報告資料1に基づき、平成30年度事業報告が説明された。

(17)生物科学学会連合報告
松永専務理事より、資料4-1、4-2に基づき、生物科学学会連合の定例会議と公開シンポジウムの報告がなされた。

(18)広報委員会からの報告
経塚広報委員長より、資料5-1、5-2に基づき、2019年度の広報委員会の体制と、学会ウェブサイトの改定・メンテナンス状況、一般向け講演会の登録サイトの開設、JPRのバーチャルイシューサイトの開設、広島大会で開催した理事会主催シンポジウムについて報告がなされた。

(19)電子出版物編集委員会からの報告
三角電子出版物編集委員長に代わり経塚広報委員長より、資料6に基づき「植物科学の最前線」の出版状況とBSJ-Review vol. 10の出版計画、BSJ-Review 10周年特集出版計画、2019年度の電子出版物編集委員会の体制について報告がなされた。福田監事より、Springer社で出版している英語の総説本の状況について質問があり、Springer社に状況を問い合わせることとした。三村会長より、「植物科学の源流」企画が紹介された。

(20)男女共同参画委員会からの報告
日原男女共同参画委員長より、資料7-1、7-2に基づき、男女共同参画委員会の活動として男女共同参画学協会連絡会のシンポジウムへの参加、広島大会での男女共同参画ランチョンセミナーの開催、講師の謝金規定の改定、2019年度の男女共同参画委員会の体制について報告がなされた。

(21)男女共同参画学協会連絡会からの声明文(案)と要望書(案)について
松永専務理事より、資料8-1、8-2に基づき、男女共同参画学協会連絡会の声明文の案と要望書の案について説明がなされ、日本植物学会として賛同したことが報告された。

(22)自然史学会連合報告
海老原委員に代わり松永専務理事より、資料9に基づき、自然史学会連合の報告がなされた。

(23)理数系学会教育問題連絡会報告
岩元委員に代わり松永専務理事より、資料10に基づき、理数系学会教育問題連絡会の報告がなされた。

(24)一般向け講演会の実施について
小竹庶務担当理事より、資料11-1、11-2に基づき、昨年12月に開催された一般向け講演会の報告がなされた。80名の一般参加者があり、盛況であったことが説明された。三村会長より、今年は関西での開催を検討していることが紹介された。

(25)日本植物学会第83 回大会(仙台)中間報告について
彦坂編集担当理事(仙台大会実行委員)より、資料12-1、12-2に基づき、仙台大会の開催日程と準備状況について報告がなされた。正会員(シニア会員)と同様に、名誉会員と正会員(終身会員)、正会員(50年会員)の大会参加費を正会員(学生会員)と同額としたことが報告された。経塚代議員(仙台大会実行委員)より、公開講演会の内容が紹介された。

(26)契約委員会からの報告
松永専務理事より、資料13に基づき、仙台大会の印刷業務を含む大会運営と懇親会に関する外部委託業者との契約について報告がなされた。

(27)2016,2017,2018年度寄付の受け入れ状況について
三村会長より、資料14に基づき、2016年度、2017年度、2018 年度の寄付の寄附総額と件数について報告がなされ、税額控除法人の要件について説明がなされた。

(28)2019年度寄付募集について
三村会長より、資料15に基づき、仙台大会と学会賞副賞、一般寄付の募集について報告がなされた。

(29)公益社団法人日本植物学会図書管理規程について(改定案)
松永専務理事より、資料16に基づき、図書管理規定第2条の図書担当委員を1名から2名に増員したことが報告された。

(30)松永専務理事より、資料16に基づき、2019年度定例代議員会から2021年度定例代議員会までを任期とする図書担当委員を杉山宗隆会員と望月昴会員としたことが報告された。

(31)公益社団法人日本植物学会賞に関する覚書について(改定案)
松永専務理事より、資料17に基づき、学会賞副賞の不足分を公益社団法人日本植物学会副賞基金から支出することを可能とする日本植物学会賞に関する覚書の改正について報告がなされた。

(32)公益社団法人日本植物学会賞の推薦に関する覚書について(改定案)
松永専務理事より、資料18に基づき、日本植物学会賞の推薦に関する覚書の改正について報告がなされた。

(33)公益社団法人日本植物学会賞の選考に関する覚書について(改定案)
松永専務理事より、資料19に基づき、選考過程における推薦の有無の取扱いと、奨励賞と若手奨励賞の評価方法に関する覚書の改定について報告がなされた。

(34)公益社団法人日本植物学会地区代表代議員選出規程について(改定案)
松永専務理事より、資料20に基づき、地区代表代議員選出のための投開票を代議員選出理事選出の投開票と同時に行う地区代表代議員選出規程の改定について報告がなされた。

(35)公益社団法人日本植物学会役員・委員等選出方法概要について(改定案)
松永専務理事より、資料21に基づき、役員・委員等の選出方法について報告がなされた。

(36)入試問題作成への提言について
松永専務理事より、資料22に基づき、日本学術会議・生物科学分科会でまとめられた「高等学校の生物教育における重要用語の選定について」が紹介され、動物学会と連携して、生物科学学会連合から提言を出すことを検討していることが報告された。

(37)新入会員に向けて会員名簿の取扱注意について
松永専務理事より、会員名簿が本来の目的以外に使用されないよう、取扱いの注意喚起を行うことが報告された。

(38)大会要旨バックナンバーのPDF化について
松永専務理事より、福田監事からPDF化した過去の大会要旨が提供され、学会ウェブサイトでの公開を検討していることが報告された。

(39)2019 年度役員・委員一覧
三村会長より、資料23に基づき、2019 年度役員・委員について説明と報告がなされた。

(40)会費未納者者(2018 年・2019年度会費未納)について
佐野会計担当理事より、別紙資料2に基づき、2018年・2019年度の会費未納者のリストが報告された。出席者に会費の徴収への協力が要請された。

(41)その他
2021年の東京地区の大会準備状況

 村上代議員より、2021年の大会を東京都立大学(現・首都大学東京)で開催する方向で準備していることが紹介された。

5.審議事項 

(第一号議案) 公益社団法人日本植物学会 平成30 年度決算報告(案)

佐野会計担当理事より、議案資料1に基づき、平成30年度決算報告(案)が説明された。審議の結果、賛成47票で承認された。

(第二号議案) 理事・監事の選任について

松永専務理事より、議案資料2に基づき、2019年度定例代議員会から2021年度定例代議員会までを任期とする下記の理事候補者および、2019年度定例代議員会から2023年度定例代議員会までを任期とする監事候補者について説明がなされた。各候補者について個別に審議した結果、以下の賛成票数により、原案通り承認された。

【理事候補者】

  三村 徹郎 賛成 43票

  川合 真紀 賛成 43票

  彦坂 幸毅 賛成 43票

  矢守 航  賛成 43票

  植村 知博 賛成 43票

  加藤 美砂子賛成 43票

  経塚 淳子 賛成 43票

  河内 孝之 賛成 43票

  園池 公毅 賛成 43票

  松永 幸大 賛成 43票

  村上 哲明 賛成 43票

【監事候補者】

  河野 重行 賛成 47票

(第三号議案)公益社団法人日本植物学会細則(改正案)

松永専務理事より、議案資料3に基づき、緊急時ややむを得ない事情で出席できない場合に、電子的な手段による理事会出席を可能とする改定案について説明がなされた。審議の結果、賛成47票で承認された。

以上にて議事を終了し、15:10 に閉会した。


« お知らせのトップへ戻る