お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > 公益社団法人日本植物学会平成29年度第七回理事会

公益社団法人日本植物学会平成29年度第七回理事会

2017年8月30日

公益社団法人日本植物学会平成29年度第七回理事会

日時: 平成29 年7 月23 日(日)13:00-17:20

場所: 東京大学理学部2号館 第二講義室 223 号室

出席者:三村徹郎会長、松永幸大専務理事、彦坂幸毅理事(編集担当)、今市涼子理事、高野博嘉理事、西谷和彦理事、久堀徹理事、長谷部光泰理事、佐野俊夫理事(会計担当)、小竹敬久理事(庶務担当)、福田裕穂監事、松浦克美監事

欠席者:佐藤忍理事

同席者:山口富美夫会員、経塚淳子広報委員長、岩井宏暁会計補佐委員、二宮三智子(事務局)、内田美重(事務局)

議事次第

1. 会長挨拶
 三村会長より挨拶があった。

2. 定足数の確認
 11名の理事のうち10名が出席しており、定款第29条に基づき定足数が満たされ理事会が成立したことが確認された。

3. 議長選出
 議長として三村会長が選出された。

4.報告事項
(1)代表理事及び業務執行理事の職務執行状況報告
 松永専務理事より、資料1に基づき各業務執行理事の職務が滞りなく行われていることが報告された。

(2)運営委員会からの報告
 松永専務理事より、平成29年7月5日に運営委員会が開催されたことが報告された。

(3)会務報告
 松永専務理事より、資料2-1に基づき、定例代議員会の開催、内閣府への平成28年度事業報告の提出、平成28年度科研費「国際情報発信強化(A)」の監査、会員状況等が報告された。三村会長より、逝去会員の報告がなされ、出席者全員で黙祷を捧げた。

(4)会計報告
 佐野会計担当理事より、別紙資料1に基づき、平成29年1月1日から6月30日までの会計報告がなされた。

(5)図書関連報告
 東馬図書委員に代わり松永専務理事より、資料2-2に基づき図書関連の報告がなされた。

(6)日本植物学会賞選考委員会報告
 松永専務理事より、資料2-2に基づき日本植物学会賞受賞者および選考過程について報告がなされた。

(7)次期日本植物学会賞選考委員について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき、次期日本植物学会賞選考委員のリストが報告された。

(8)財団等への推薦について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき報告がなされた。

(9)協賛・後援などの承認について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき、共催1件と後援2件について報告がなされた。共催するシンポジウムの名称を国際植物脂質シンポジウム、日程を平成30年7月8日~13日と訂正した。

(10)各地の植物学会の活動について
 松永専務理事より、資料2-3および2-4に基づき報告がなされた。

(11)平成31年度大会開催地について
 松永専務理事より、資料2-4に基づき、平成31年度大会は東北地区で開催予定であることが報告された。西谷理事より、高橋秀幸会員を大会会長として仙台市(東北大学)での開催を検討中であることが紹介された。

(12)会長候補者選挙の開票日程について
 松永専務理事より、資料2-4に基づき、会長候補者選挙の開票を11月18日に開催予定であることが報告された。

(13)平成29年度日本植物学会第81回大会(野田大会)の申込状況について
 松永専務理事より、資料2-5に基づき、事前登録者数および総演題数の報告がなされた。

(14)統合DBプロジェクトアドバイザリー委員会の委員推薦について
 三村会長より、資料2-5に基づき、委員として永野淳会員(龍谷大学)を推薦したとの報告がなされた。

(15)国際生物学賞委員について
 三村会長より、資料2-5に基づき、三村会長が就任したとの報告がなされた。

(16)植物学雑誌(JPR) 関連報告
 彦坂JPR編集委員長より、資料2-5に基づき、JPR予約購読部数、資料3に基づき、JPR論文賞とMost Cited Paperの選考、JPRの編集体制、編集・出版状況、JPR経由の2017年の植物学会入会状況、JPR SymposiumとCurrent Topics企画、JPR Data PolicyとJPR Map Policyの決定、編集事務補助員の契約更新が報告された。平成29年度科学研究費国際情報発信強化による取り組みとして、2017・2018年の年間契約ページ数の800ページから1000ページへの増加、オープンアクセス、メールサービス、JPR Symposiumの海外研究者の招聘と特集号の掲載予定が報告された。

(17)広報委員会からの報告
 経塚広報委員長より、資料4に基づき広報委員会の活動報告がなされた。シニアな会員による総説の企画を検討中であることが報告された。

(18)電子出版物編集委員会からの報告
 山口電子出版物編集委員長に代わり経塚広報委員長より、資料5に基づき、電子出版物編集委員会の活動報告がなされた。

(19)生物科学学会連合からの報告
 松永専務理事より、資料6に基づき、生物科学学会連合の定例会議の報告がなされた。福田監事と松浦監事より、生物科学分野教育用語検討小委員会での活動状況が紹介された。

(20)男女共同参画委員会からの報告
 今泉男女共同参画委員長に代わり松永専務理事より、資料7に基づき、男女共同参画委員会の活動報告がなされた。

(21)理数系学会教育問題連絡会からの報告
 五百川委員に代わり松永専務理事より、資料8に基づき、報告がなされた。

(22)同梱広告について
 佐野会計担当理事より、資料9に基づき、案内と申し込み用紙が報告された。

(23)会費未納者について
 佐野会計担当理事より、別紙資料2に基づき、平成28年・29年会費未納者のリストが報告された。出席者に会費の徴収への協力が要請された。久堀理事より、コンビニ決済の導入検討が提案された。

(24)その他:植物学の百科事典
 三村会長より、植物学の百科事典の電子版が丸善から販売中であることと、廉価版の発行を交渉中であることが報告された。

4. 審議事項
(1)公益社団法人日本植物学会平成30年度事業計画(案)
 小竹庶務担当理事より、議案資料1に基づき平成30年度事業計画案が説明された。文言の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

(2)平成30年度大会会長について
 松永専務理事より、議案資料2に基づき説明がなされた。審議の結果、平成30年度大会会長として広島大学の山口富美夫会員を選任することが、満場一致で承認された。山口富美夫会員から、9月14日~16日に広島国際会議場で開催予定であることが報告された。

(3)公益社団法人日本植物学会平成29年度補正予算(案)
 佐野会計担当理事より、別紙資料3の議案資料3に基づき、平成29年度補正予算案、平成29年度投資活動収支案、平成29年度大会補正予算案の説明がなされた。久堀理事より、大会の収支が安定しており予算案と大きな変更がなかったことから、会計処理規定、第22条にある「収支予算の補正を必要とするとき」にあたらないため、補正予算を編成し議決する必要はない可能性があるという意見がでた。西谷理事より、全体の会計が健全であることを代議員に情報として開示するため、補正予算は示すべきであるという意見がでた。審議の結果、満場一致で承認された。

(4)大会参加費の値上げについて(案)
 佐野会計担当理事より、別紙資料3の議案資料4-1に基づき、大会参加費の値上げについて説明がなされた。審議の結果、平成30年度大会から一般参加費を一人あたり1000円値上げし、学生参加費を据え置きとすることが、満場一致で承認された。

(5)公益社団法人日本植物学会平成30年度予算(案)
 佐野会計担当理事より、別紙資料3の議案資料4-2に基づき、平成30年度予算案と、平成30年度投資活動収支案、平成30年度大会予算案の説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。次回以降の名簿の配布方法は今後検討することとした。

(6)平成30年度資金調達及び設備投資の見込みについて
 佐野会計担当理事より、別紙資料3の議案資料5に基づき説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(7)公益社団法人日本植物学会役員・委員報酬規程(改定案)
 松永専務理事より、議案資料6に基づき、規程第2条の有給とするものの範囲の改正案について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(8)公益社団法人日本植物学会賞受賞者選考規程(改定案)
 松永専務理事より、議案資料7に基づき、学会賞応募資格の会員歴の期間を明確にするための規程第2条の受賞者の資格の改正案について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(9)公益社団法人日本植物学会非常勤職員給与規程(改定案)
 松永専務理事より、議案資料8に基づき、非常勤職員のマイカー通勤を承認するための規程第8条の通勤手当の改正案について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(10)公益社団法人日本植物学会賞副賞の見直しについて
 松永専務理事より、議案資料9に基づき、副賞のクリスタルトロフィーの変更について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(11)公益社団法人日本植物学会賞副賞の特定寄付の設定について
 松永専務理事より、植物学振興預金残高の減少と特定寄付の設定について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(12)公益社団法人日本植物学会賞副賞基金運営内規(制定案)
 松永専務理事より、議案資料10に基づき、学会賞副賞費用に充てる基金に関する規程の制定について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(13)公益社団法人日本植物学会賞副賞基金の特定寄付申込書について
 松永専務理事より、議案資料11-1および2に基づき、説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(14)自然史学会連合「九州大学博物館の要望書」改定版の承認について
 松永専務理事より、議案資料12に基づき説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(15)公益社団法人日本植物学会賞契約委員の承認について(改定案)
 松永専務理事より、議案資料13に基づき説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(16)公益社団法人日本植物学会JPR将来構想委員会の設定について
 三村会長より、説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(17)公益社団法人日本植物学会JPR将来構想委員会の内規(制定案)
 三村会長より、議案資料14に基づき、JPR将来構想委員会の内規について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(18)公益社団法人日本植物学会JPR将来構想委員の承認について
 三村会長より、議案資料15に基づき、将来構想委員会委員について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

(19)Journal of Plant Researchにおける特集の掲載に関する覚書(制定案)
 彦坂編集委員長より、議案資料16に基づき、特集掲載の可否の審議や特集論文掲載に付随する経費の負担に関する覚書について説明がなされた。文言の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

(20)国際植物脂質シンポジウムの科研費申請支援について
 三村会長より、2018年開催の国際植物脂質シンポジウムの共催支援の一環としての科研費申請支援について説明がなされた。理事会の議論と監事からの異議により議案取り下げとした。

(21)平成29年度臨時代議員会について
 松永専務理事より、議案資料17に基づき、臨時代議員会の開催日および会場と、審議事項について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

6.検討事項
(1)大会予算の上限について
 松永専務理事より、大会予算の上限設定について説明がなされ、意見交換した。

(2)代議員の任期について
 三村会長より、検討事項資料1に基づき、代議員の任期の現状について説明がなされ、意見交換した。

以上にて議事を終了し、17:20に閉会した。


« お知らせのトップへ戻る