お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > 公益社団法人日本植物学会平成30年度第三回理事会議事録

公益社団法人日本植物学会平成30年度第三回理事会議事録

2018年8月 9日

公益社団法人日本植物学会平成30年度第三回理事会

日時: 平成30年7月29日(日)13:00-17:30

場所: 東京大学理学部2号館 第二講義室(223号室)

出席者:三村徹郎会長、松永幸大専務理事、彦坂幸毅理事(編集担当)、今市涼子理事、西谷和彦理事、久堀徹理事(報告事項(18)から出席した)、長谷部光泰理事(第21号議案が終了した時点で退出した)、佐野俊夫理事(会計担当)、小竹敬久理事(庶務担当)、福田裕穂監事、松浦克美監事

欠席者:佐藤忍理事、高野博嘉理事

同席者:経塚淳子広報委員長、矢守航会計補佐委員、川合真紀(次期専務理事候補者)、二宮三智子(事務局)、内田美重(事務局)

議事次第

1. 会長挨拶

三村会長より挨拶があった。

2. 定足数確認

理事会開始時に11名の理事のうち8名が出席しており、定款第29条に基づき定足数が満たされ理事会が成立したことが確認された。報告事項(18)以降は9名の理事が出席し、第22号議案以降は8名の理事が出席した。

3. 議長選出

議長として三村会長が選出された。

4.報告事項

(1)代表理事及び業務執行理事の職務執行状況報告について
 松永専務理事より、資料1に基づき各業務執行理事の職務が滞りなく行われていることが報告された。

(2)運営委員会からの報告
 松永専務理事より、平成30年7月22日に運営委員会が開催されたことが報告された。

(3)会務報告
 松永専務理事より、資料2-1に基づき、定例代議員会の開催、内閣府への平成29年度事業報告の提出、平成29年度科研費「国際情報発信強化(A)」の監査、会員状況等が報告された。三村会長より、逝去会員の報告がなされ、出席者全員で黙祷を捧げた。

(4)会計報告
 佐野会計担当理事より、別紙資料1に基づき、平成30年1月1日から6月30日までの会計報告がなされた。

(5)図書関連報告
 東馬図書委員に代わり松永専務理事より、資料2-1に基づき図書関連の報告がなされた。廃棄予定であった「薬学雑誌」を山口東京理科大学に寄贈したことが報告された。

(6)日本植物学会賞選考委員会からの報告
 松永専務理事より、資料2-2に基づき日本植物学会賞受賞者および選考過程について報告がなされた。

(7)次期日本植物学会賞選考委員について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき、次期日本植物学会賞選考委員のリストが報告された。

(8)財団等への推薦について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき報告がなされた。

(9)協賛・後援などの承認について
 松永専務理事より、資料2-3に基づき後援3件について報告がなされた。

(10)各地区植物学会の活動について
 松永専務理事より、資料2-4に基づき報告がなされた。

(11)広島大会の準備状況
 小竹庶務担当理事より、広島大会の準備状況および、西日本集中豪雨の影響、交通状況について報告がなされた。

(12)2018年度日本植物学会第82回大会(広島)の申込状況について
 小竹庶務担当理事より、資料2-5に基づき、事前登録者数および総数の報告がなされた。

(13)公益社団法人日本植物学会関連団体意見交換について
 松永専務理事より、資料2-5に基づき、関連団体の活動状況および広島大会における意見交換会の開催について説明がなされた。

(14)2018年度寄付の受け入れ状況について
 三村会長より、資料2-6に基づき、広島大会の寄付金と学会副賞寄付金の申し込み状況について報告がなされた。広島大会の寄付の呼びかけを再度行う予定であることが説明された。

(15)2020年度大会開催地について
 松永専務理事より、資料2-6に基づき、2020年度大会は中部地区で、長谷部光泰理事を大会会長、東山哲也会員を大会実行委員長として名古屋市(名古屋大学)での開催を検討中であることが紹介された。

(16)日本学術会議提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱いについて
 経塚広報委員長より、資料2-6に基づき、デジタル配列情報の取り扱いに関する議論の状況について説明がなされた。福田監事と長谷部理事から、情報収集と学会として対応の検討について意見が寄せられた。

(17)次期役員候補者について
 三村会長より、資料2-6に基づき、次期役員候補者について説明がなされた。

 久堀 徹理事が途中出席した

(18)植物学雑誌(JPR)関連報告
 彦坂JPR編集委員長より、資料2-6に基づき、JPR予約購読部数、資料3-1に基づき、JPR論文賞とMost Cited Paperの選考、資料3-2に基づき、JPRの編集体制、資料3-3に基づき、投稿・編集・出版状況、今後の出版計画、資料3-4に基づき、JPR SymposiumとCurrent Topics企画、資料3-5に基づき、2018年1月から7月までに出版した論文、資料3-6に基づき、ジャーナルインパクトファクター、資料3-7に基づき、特集号の企画が報告された。彦坂編集担当理事から、科研費「国際情報発信強化(A)」の終了後の雑誌のあり方と出版社との契約について説明がなされ、冊子体の扱いと雑誌の予算的な自立、オープンアクセス、会員への周知と出版方針決定の手続きについて意見が寄せられた。

(19)広報委員会からの報告
 経塚広報委員長より、資料4に基づき活動報告がなされた。2018年6月に学会ウェブサイトに異常な回数のアクセスがあり、原因を調査中であることが説明された。

(20)電子出版物編集委員会からの報告
 三角電子出版物編集委員長に代わり経塚広報委員長より、資料5に基づき、電子出版物編集委員会の活動報告がなされた。

(21)生物科学学会連合からの報告
 松永専務理事より、資料6に基づき、生物科学学会連合の定例会議の報告がなされた。

(22)生物科学学会連合次期代表候補者の推薦について
 三村会長より、資料7に基づき、次期代表候補者として、現在、遺伝学会会長である小林武彦氏を推薦する予定であることが報告された。

(23)男女共同参画委員会からの報告
 日原男女共同参画委員長に代わり松永専務理事より、資料8に基づき、男女共同参画委員会の活動報告がなされた。

(24)光生物学協会からの報告
 長谷連絡委員に代わり松永専務理事より、資料9に基づき、活動状況が報告された。

(25)自然史学会連合からの報告
 海老原連絡委員に代わり松永専務理事より、資料10に基づき報告がなされた。

(26)共同利用・共同研究課題に関する要望書について
 三村会長より、資料11に基づき、3大学、1研究機構の研究所・研究センターに関する要望書を提出したことが報告された。

(27)公益社団法人日本植物学会第四期代議員について
 三村会長より、資料12に基づき、選出された第四期代議員が報告された。三期連続の代議員の人数が減少したことが報告された。インターネットを利用した投票と会員への投票率の周知について、意見を交換した。

(28)同梱広告について
 佐野会計担当理事より、資料13に基づき、案内と申し込み用紙が報告された。

(29)会費未納者について
 佐野会計担当理事より、別紙資料2に基づき、平成29年・30年会費未納者のリストが報告された。出席者に会費の徴収への協力が要請された。

(30)その他:

4. 審議事項 

第1号議案 公益社団法人日本植物学会2019年度事業計画(案)
 小竹庶務担当理事より、審議資料1に基づき2019年度事業計画案について説明がなされた。審議の結果、文言を修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第2号議案 JPR編集室非常勤職員の時間給について
 佐野会計担当理事より、審議資料2に基づき、JPR編集室非常勤職員の時給の増額について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第3号議案 公益社団法人日本植物学会平成30年度補正予算(案)
 佐野会計担当理事より、別紙資料1-審議資料1-1に基づき、平成30年度補正予算案について説明がなされた。審議の結果、広島大会の予算について一部変更がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第4号議案 公益社団法人日本植物学会2019年度収支予算(案)
 佐野会計担当理事より、別紙資料1-審議資料1-2に基づき、2019年度予算案について説明がなされた。審議の結果、2018年度の広島大会の予算の変更に伴う2019年度予算案の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第5号議案 平成31年度資金調達及び設備投資の見込みについて
 佐野会計担当理事より、別紙資料1-審議資料1-3に基づき、平成31年度における資金調達と設備投資の見込みについて説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第6号議案 公益社団法人日本植物学会定款(改定案)
 松永専務理事より、審議資料3に基づき、監事の人数を2名から1名以上2名以内とする定款の改定案について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第7号議案 公益社団法人日本植物学会正会員(シニア会員)の制定について
 松永専務理事より、65歳以上の会員を対象とした正会員(シニア会員)の制定について説明がなされた。正会員(シニア会員)の年会費は6千円、大会参加費は学生と同額とし、JPRへのアクセス権は付与されるが、冊子体の無料配布は受けられないことが説明された。審議の結果、満場一致で承認された。

第8号議案 公益社団法人日本植物学会正会員(シニア会員)規程(制定案)
 松永専務理事より、審議資料4に基づき、日本植物学会正会員(シニア会員)規程の制定ついて説明がなされた。審議の結果、文言の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第9号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)
 松永専務理事より、審議資料5に基づき、日本植物学会正会員(シニア会員)規程の制定に伴う細則第3条の改定について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第10号議案 海外在住学生会員の会費について
 松永専務理事より、正会員(学生会員)の年会費に合わせて、海外在住の学生会員の年会費を60ドルから20ドルに減額することについて説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第11号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)
 松永専務理事より、審議資料5に基づき、海外在住の学生会員の年会費に関する細則第3条の改正について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第12号議案 平成30年西日本集中豪雨の被災者への対応について
 松永専務理事より、審議資料5に基づき、現行の細則第3条を適用した西日本集中豪雨の被災者の年会費の減免について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第13号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)
 松永専務理事より、審議資料5に基づき、被災者の年会費に加えて大会参加費を減免する細則第3条第10項の改定について説明がなされた。審議の結果、文言の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第14号議案 公益社団法人日本植物学会謝金規程(改定案)
 松永専務理事より、審議資料6に基づき、理事会主催シンポジウムと男女共同参加企画ランチョンセミナーの非会員講師に対する謝金支給と、JPRシンポジウム海外招聘講師の支給対象期間と支給対象人数の上限に関する別表の改定について説明がなされた。審議の結果、文言の修正がなされ、修正案が満場一致で承認された。

第15号議案 公益社団法人日本植物学会大会開催に関する覚書について(改定案)
 小竹庶務担当理事より、審議資料7に基づき、大会における関連集会の開催の条件に関する覚書について説明がなされた。審議の結果、一部文言を追加し、修正案が満場一致で承認された。

第16号議案 公益社団法人日本植物学会代議員選挙施行細則について(改定案)
 松永専務理事より、審議資料8に基づき、代議員の辞退に関する代議員選挙施行細則第8条について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第17号議案 公益社団法人日本植物学会第四期地区代表代議員の選定について
 松永専務理事より、審議資料9に基づき、各地区の代表代議員の選定について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第18号議案 (公社)日本植物学会賞応募要項について(改定案)
 松永専務理事より、審議資料10に基づき、奨励賞応募者は応募者本人の論文全体に対する貢献度を割合(%)で示すこととする応募要領の改定案について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第19号議案 学術賞の受賞人数について(松永理事)
 松永専務理事より、学術賞を2名以内とする受賞人数の変更と、受賞分野は設定しない方針について説明がなされた。審議の結果、本件に関する委員会を設置して検討を続けることとし、議案取り下げとした。

第20号議案 公益社団法人日本植物学会賞受賞者選考規程(改定案)
 第19号議案の取り下げに伴い議案取り下げとした。

第21号議案 一般向け講演会の企画について
 小竹庶務担当理事より、審議資料12に基づき、日本植物学会のアウトリーチ活動の一環として12月に都内で企画する一般向け講演会ついて説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

 長谷部光泰理事が途中退席した。

第22号議案 男女共同参画学協会連絡会分担金改定について
 松永専務理事より、審議資料13に基づき、学協会連絡会の分担金の改定に伴い、日本植物学会が年間で1万5千円の分担金を負担することについて説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第23号議案 公益社団法人日本植物学会契約委員の承認について
 松永専務理事より、審議資料14に基づき説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第24号議案 公益社団法人日本植物学会JPR将来構想委員の承認について
 三村会長より、審議資料15に基づき、将来構想委員会委員について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第25号議案 委員の任期改定について
 松永専務理事より、審議資料16に基づき、選挙管理委員、学会賞選考委員、JPR編集委員以外の委員の任期を、運営委員と同一とする任期の改定について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第26号議案 会員名簿の作成について
 松永専務理事より、審議資料17に基き、会員名簿の電子化(PDF化)について説明がなされた。審議の結果、名簿作成について検討を継続することとし、議案取り下げとした。

第27号議案 2019年度大会会長について
 松永専務理事より、審議資料18に基づき、2019年度大会会長として東北大学の高橋秀幸会員を選任することが提案され、満場一致で承認された。

第28号議案 次期選挙管理委員について
 松永専務理事より、審議資料19に基づき説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第29号議案 平成30年度臨時代議員会について
 松永専務理事より、審議資料20に基づき、臨時代議員会の開催日および会場と、審議事項について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第30号議案 平成30年度臨時代議員会に於ける書面による議決権行使の承認並びに書面による議決権行使期限の承認について
 松永専務理事より、審議資料21に基づき、臨時代議員会の書面による議決権行使と議決権行使の期限について説明がなされた。審議の結果、満場一致で承認された。

第31号議案 本理事会第14号議案で承認した謝金規程の改定に係る再承認について
 松永専務理事より、審議資料6に基づき、公開講演会の謝金について改めて説明がなされた。再度文言が修正され、その修正案が満場一致で承認された。

以上にて議事を終了し、17:30に閉会した。


« お知らせのトップへ戻る