お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > 公益社団法人日本植物学会平成30年度臨時代議員会議事録

公益社団法人日本植物学会平成30年度臨時代議員会議事録

2018年9月26日

公益社団法人日本植物学会平成30年度臨時代議員会議事録

日時: 平成30 年9 月13 日(木)17:00~19:30

場所: 広島大学東千田未来創生センター M301号室

出席者:代議員48名に対して出席者34名(臨時代議員会開始時には代議員26名が出席。遅れて8名の代議員が出席し、審議事項開始までには34名の出席数となった)、委任状出席12名、書面による議決権行使を行った代議員2名、三村徹郎会長、松永幸大専務理事(代議員を兼ねる)、彦坂幸毅編集担当理事(代議員を兼ねる)、今市涼子理事、高野博嘉理事、佐野俊夫会計担当理事、経塚淳子広報委員長(代議員を兼ねる)、小竹敬久庶務担当理事

同席者:松浦克美監事、矢守航会計補佐委員、川合真紀会員(次期専務理事候補者)、植村知博会員(次期庶務担当理事候補者)、二宮三智子(事務局)、内田美重(事務局)

議事次第

1. 会長挨拶
三村会長より挨拶があった。

2. 定足数の確認
総代議員数48名に対して、出席26名、委任状出席12名、議決権行使を行った代議員2名であり、本代議員会は定足数に達しており会が成立することが宣言された。

3. 議長選出
議長として河野重行代議員が選出された。

4.報告事項
(1)公益社団法人日本植物学会第四期代議員について
松永専務理事より、資料1に基づき、第四期代議員および補欠代議員、各地区代表代議員の選出について報告がなされた。三村会長より、新たに選出された代議員が増えたこと及び、今後投票率の改善を目指すことが説明された。

(2)理事会からの報告
松永専務理事より、資料2-1に基づき、理事会の開催状況が報告された。

(3)会務報告
松永専務理事より、資料2-1に基づき、定例代議員会の開催、内閣府への平成29年度事業報告の提出、平成29年度科研費「国際情報発信強化(A)」の監査、会員状況等が報告された。三村会長より、逝去会員の報告がなされ、出席者全員で黙祷を捧げた。

(4)会計報告
佐野会計担当理事より、別紙資料1に基づき、平成30年1月1日から6月30日までの会計報告がなされた。

(5)JPR編集室非常勤職員の時間給について
松永専務理事より、資料2-2に基づき、JPR編集室非常勤職員の時給の増額について、報告がなされた。

(6)図書関連報告
東馬図書委員に代わり松永専務理事より、資料2-2に基づき図書関連の報告がなされた。

(7)日本植物学会賞選考委員会からの報告
松永専務理事より、資料1-2に基づき日本植物学会賞受賞者および選考過程について報告がなされた。

(8)次期日本植物学会賞選考委員について
松永専務理事より、資料2-3に基づき、次期日本植物学会賞選考委員のリストが報告された。

(9)財団等への推薦について
松永専務理事より、資料2-3に基づき、文部科学大臣表彰若手科学者賞の受賞状況・推薦状況の報告がなされた。

(10)協賛・後援などの承認について
松永専務理事より、資料2-4に基づき、後援3件について報告がなされた

(11)各地区植物学会の活動について
松永専務理事より、資料2-4及び2-5に基づき報告がなされた。

(12)広島大会の準備状況
小竹庶務担当理事より、準備状況について報告がなされた。

(13)2018年度日本植物学会第82回大会(広島)の申込状況について
小竹庶務担当理事より、資料2-5に基づき、事前登録者数および総演題数の報告がなされた。

(14)公益社団法人日本植物学会関連団体意見交換会について
松永専務理事より、資料2-5に基づき、9月14日(大会初日)に意見交換会を開催予定であることが報告された。

(15)2018年度寄付の受け入れ状況について
三村会長より、資料2-6に基づき、広島大会寄付金および学会賞副賞寄付金の受け入れ状況が報告され、税額控除の申請で対象となる寄付件数と金額について説明がなされた

(16)2019年度大会会長について
小竹庶務担当理事より、資料2-6に基づき、2019年度の大会は、高橋秀幸会員を大会会長、牧雅之会員を実行委員長として、東北大学川内キャンパスで開催することが報告された。

(17)2020年度大会開催地について
小竹庶務担当理事より、資料2-6に基づき、2020年度の大会は、名古屋大学で開催予定であることが報告された。

(18)日本学術会議提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱いについて」
松永専務理事より、資料2-6に基づき、この件について意見を募るために、会員にメール配信を行ったことが報告された。

(19)次期役員候補者について
三村会長より、資料2-6に基づき、次期役員候補者が紹介された。

(20)公益社団法人日本植物学会契約委員の承認について
松永専務理事より、資料2-6に基づき、契約委員について報告がなされた。

(21)公益社団法人日本植物学会JPR将来構想委員の承認について
松永専務理事より、資料2-7に基づき、JPR将来構想委員について報告がなされた。

(22)一般向け講演会の企画について
小竹庶務担当理事より、資料2-6に基づき、12月22日に東京理科大学・神楽坂キャンパスにおいて、一般向けの講演会を企画していることが報告された。

(23)共同利用・共同研究課題に関する要望書について
松永専務理事より、資料2-7に基づき、日本植物学会から、大学・研究機関の共同利用・共同研究拠点に関する要望書を提出したことが報告された。

(24)2018年西日本集中豪雨の被災者への対応について
松永専務理事より、資料2-7に基づき、被災者は会費に加えて大会参加費も免除できることとすることが報告された。

(25)海外在住学生会員の会費について
松永専務理事より、資料2-7に基づき、海外在住の学生会員を設定し、JPRの配布を受けない場合の会費を20米ドルとしたことが報告された。

(26)植物学雑誌(JPR) 関連報告
彦坂JPR編集担当理事より、資料2-7に基づき、JPR予約購読部数、資料3-1に基づき、JPR論文賞の選考、資料3-2に基づき、JPRの編集体制、資料3-3に基づき、編集・出版状況、資料3-4に基づき、JPR SymposiumとCurrent Topics企画、資料3-5に基づき、掲載論文のタイトル、資料3-6に基づき、インパクトファクターの推移、資料3-7に基づき、virtual issueが報告された。

(27)広報委員会からの報告
経塚広報委員長より、資料4に基づき、広報委員会の活動報告がなされた。

(28)電子出版物編集委員会からの報告
三角電子出版物編集委員長に代わり経塚広報委員長より、資料5に基づき、電子出版物編集委員会の体制とBSJ-reviewの出版状況について報告がなされた。昨年に引き続き、DOIの割り振り作業を進めていることが報告された。

(29)生物科学学会連合からの報告
松永専務理事より、資料6に基づき、生物科学学会連合の定例会議の報告がなされた。

(30)生物科学学会連合次期代表候補者の推薦について
三村会長より、資料7に基づき、次期代表候補者の推薦について報告がなされた。

(31)男女共同参画委員会からの報告
日原男女共同参画委員長より、資料8に基づき、男女共同参画委員会の活動報告がなされた。本大会では、介護問題に関するランチョンセミナーを開催することが紹介された。

(32)男女共同参画学協会連絡会分担金改定について
松永専務理事より、資料9に基づき、男女共同参画学協会連絡会の分担金が1万5千円に改定されたことが報告された。

(33)光生物学協会からの報告
長谷あきら委員に代わり松永専務理事より、資料10に基づき、報告がなされた。

(34)自然史学会連合からの報告
海老原淳委員に代わり松永専務理事より、資料11に基づき、報告がなされた。

(35)公益社団法人日本植物学会正会員(シニア会員)規程(制定)
松永専務理事より、審議資料6および参考資料に基づき、65歳以上を対象とした正会員(シニア会員)について説明がなされた。

(36)公益社団法人日本植物学会謝金規程(改定)
松永専務理事より、資料12に基づき、理事会主催シンポジウムと男女共同参加企画ランチョンセミナーの非会員講師に対する謝金支給と、JPRシンポジウム海外招聘講師の支給対象期間と支給対象人数の上限に関する別表の改定について報告がなされた。

(37)公益社団法人日本植物学会大会開催に関する覚書について(改定)
小竹庶務担当理事より、資料13に基づき、大会における関連集会の開催の条件に関する覚書の改定について報告がなされた。

(38)公益社団法人日本植物学会代議員選挙施行細則について(改定)
松永専務理事より、資料14に基づき、代議員の辞退に関する代議員選挙施行細則の改定について報告がなされた。

(39)日本植物学会賞応募要項について(改定)
松永専務理事より、資料15に基づき、業績論文を発表年代の新しい順に記載すること及び、奨励賞応募者は応募者本人の論文全体に対する貢献度を割合(%)で示すこととする応募要領の改定について報告がなされた。

(40)委員の任期改定について
松永専務理事より、資料16に基づき、選挙管理委員、学会賞選考委員、JPR編集委員以外の委員の任期を、運営委員と同一とする任期の改定について報告がなされた。

(41)同梱広告について
佐野会計担当理事より、資料17に基づき、同梱広告について報告がなされた。

(42)会費未納者について
佐野会計担当理事より、別紙資料3に基づき、会費未納者のリストが示され、未納者に会費の支払いを働きかけるよう依頼があった。

(43)その他
名簿作成および、学会賞候補者の推薦依頼、北海道胆振東部地震の被災者の対応について説明がなされた。

5. 第82回大会会長挨拶
山口富美夫大会会長から挨拶があった。広島大会の準備状況について報告がなされた。

6.審議事項 
第一号議案 公益社団法人日本植物学会2019年度事業計画(案)
小竹庶務担当理事より、審議資料1に基づき2019年度事業計画案が説明された。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第二号議案 公益社団法人日本植物学会平成30年度収支補正予算(案)
佐野会計担当理事より、別紙資料1および審議資料2に基づき、平成30年度収支補正予算案、平成30年度投資活動収支案、平成30年度大会補正予算案の説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第三号議案 公益社団法人日本植物学会2019年度収支予算(案)
佐野会計担当理事より、別紙資料1および審議資料3に基づき、2019年度収支予算案と、2019年度投資活動収支案、2019年度大会予算案の説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第四号議案 平成31年度資金調達及び設備投資の見込みについて
佐野会計担当理事より、別紙資料1および審議資料4に基づき説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第五号議案 公益社団法人日本植物学会定款(改定案)
松永専務理事より、審議資料5に基づき、正会員(シニア会員)を設定するための定款の改定について説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第六号議案 第六号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)細則第3条、細則改定前の第6項の次に新たに追加:正会員(シニア会員)について
松永専務理事より、審議資料6に基づき、正会員(シニア会員)を設定するための細則第3条の改定と正会員(シニア会員)に関する条文の追加について説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

第七号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)細則第3条、細則改定前の第7項の次に新たに追加:海外在住の学生会員について
松永専務理事より、審議資料6に基づき、海外在住の学生会員を設定するための細則第3条の改定と海外在住の学生会員に関する条文の追加について説明がなされ、「年20ドル」を「年20米ドル」と変更した修正案が提案された。審議の結果、修正案が賛成46票で承認された。

第八号議案 公益社団法人日本植物学会細則(改定案)細則第3条、細則改定前の第10項を改定:被災者の対応に伴う細則の改定について
松永専務理事より、審議資料6に基づき、被災者の対応に関する細則の改定について説明がなされ、「出来る」を「できる」と変更した修正案が提案された。審議の結果、賛成46票で承認された。

第九号議案 次期選挙管理委員について
松永専務理事より、審議資料7に基づき、次期選挙管理委員候補者について説明がなされた。審議の結果、賛成48票でこれを承認した。

以上にて議事を終了し、19:30に閉会した。


« お知らせのトップへ戻る