生物科学ニュース

ホーム > 一般向け情報 > 生物科学ニュース > 求人 > 【求人】東北大学生命科学研究科機能生態分野 助教公募

【求人】東北大学生命科学研究科機能生態分野 助教公募

[求人]  2020年2月19日

東北大学生命科学研究科では下記の要領で助教の募集を行います。周知方よろしくお願いいたします。

公募要領
東北大学大学院生命科学研究科生態発生適応科学専攻機能生態分野 助教1名

1 募集内容
助教1名

2 所属
東北大学大学院生命科学研究科生態発生適応科学専攻機能生態分野

3 応募資格
(1)博士の学位をもつこと
(2)当該分野の主な研究内容である、植物生態学・生理生態学に関する専門分野で優れた研究実績を有すること。植物の機能解析、生態学的野外調査、統計解析、分子生物学・生化学分析のいずれかについて実績があることが望ましい。
(3)研究に強い情熱をもち、機能生態分野の教授と協力しながら、率先して研究を推進し、学部生・大学院生の研究教育ができること
(4)大学の構成員として、組織運営や教育に協力できること


4 具体的な研究と教育の内容
 機能生態分野では、光合成などの植物の機能に着目し、遺伝子レベルから野外レベルまで様々な研究を行っています。これらの研究のいずれかに参画していただきます。
 生命科学研究科や理学部生物学科の学生に対する講義・実習(野外実習を含む)・演習や、東北大学の全学教育における自然科学総合実験(実習)などを担当していただきます。

5 任期
8年間(再任不可)
※任期中に相応の実績を挙げた場合、研究科内における審査を経て准教授(任期付き)への昇任が可能です。

6 着任時期
2020年7月1日以降、できるだけ早い時期

7 必要書類
(1)履歴書(写真添付)
Google ScholarとResearcherID(Publon)にアカウントを作り、業績を評価できるようにしてください。履歴書内にURLを記載してください。
 https://scholar.google.co.jp
 https://www.researcherid.com/
(2)研究業績リスト(主要原著論文3編に○印)
(3)現在までの研究概要(1000字程度)
(4)今後の研究ならびに教育に対する抱負(1000字程度)
(5)その他参考となる資料(受賞歴・学会活動など)
(6)当方から問い合わせできる方2名の氏名・所属・連絡先
※(1)から(6)は一つのPDFファイルにまとめてください。
(7)主要原著論文3編以内の別刷(PDF)

8 応募方法
件名を「機能生態分野 助教応募」とし、必要書類(1)〜(6)と別刷を添付してhikosaka@tohoku.ac.jpあてにメールにてご応募ください。必要書類(1)〜(6)のファイルにはパスワードを設定し、件名を「機能生態分野 助教応募追記」として別メールでパスワードを送ってください。応募後に受信確認メールを送付します。確認メールが届かない場合は、問い合わせ先にご連絡ください。また、添付書類が20 MBを超える場合は、応募締め切りの1週間前までに問い合わせ先に連絡してください。

9 応募締切
2020年4月6日(月)

10 問い合わせ先
東北大学大学院生命科学研究科機能生態分野 彦坂幸毅
E-mail: hikosaka@tohoku.ac.jp      Tel: 022-795-7735

11 その他
· 選考にあたり面接を実施することがあります。
· 本研究科に関する詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.lifesci.tohoku.ac.jp
· 機能生態分野に関する詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/hikosaka_lab/
· 東北大学は共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しています。
· 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律第8条に基づき女性教員の在籍率を改善するための措置として、公正な評価に基づき職務に必要とされている能力が同等と認められる場合は、女性を優先的に採用します。
· 東北大学には全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員30名)、青葉山みどり保育園(定員100名)及び、星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員120名)があり、全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。また、大学病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。
· その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記URLをご覧下さい。
    男女共同参画推進センターWEBページ http://www.tumug.tohoku.ac.jp


« 生物科学ニュースのトップへ戻る