生物科学ニュース

ホーム > 一般向け情報 > 生物科学ニュース > 【学術集会】生科連・公開シンポジウム「現代のナチュラルヒストリー研究:その挑戦と課題」のおしらせ

【学術集会】生科連・公開シンポジウム「現代のナチュラルヒストリー研究:その挑戦と課題」のおしらせ

2023年11月24日

みなさま

生物科学学会連合主催のシンポジウムについてのお知らせです。関心ある方は対面またはオンラインで是非ご参加ください。

申し込みは以下のURLからお願いします。問合せ先、チラシなどについてもこのURLをご覧ください。

https://seikaren.org/news/13482.html

~~~~~~~~~~~

生物科学学会連合主催 第4回 公開シンポジウム

「現代のナチュラルヒストリー研究:その挑戦と課題」

2024年1月20日(土)13:30~17:10

東京大学 弥生講堂一条ホール(対面・オンライン配信を予定)

13:30-13:50

挨拶: 東原和成(生科連代表)

趣旨説明: 宮下 直(生科連・生物地球プロ委員長)

13:50-14:20

川北 篤(東大・植物園)「植物と昆虫の知られざる関係を解き明かす」

14:20-14:50

鈴木俊貴(東大・先端研)「シジュウカラ語の発見」

14:50-15:10

高校生「生きものの"つぶやき"フォトコンテスト」優秀賞作品発表

15:20-15:50

小川みふゆ(東大・農学生命科学)「森・川・海の名人が伝える植物利用~"聞き書き甲子園"1273話にみる生態系サービス~」

15:50-16:20

村上哲明(都立大・牧野標本館)「牧野富太郎博士が100年以上前に採集された植物標本の科学的価値と国立沖縄自然史博物館の新設に向けた活動」

16:20-17:00

パネルディスカッション:「自然史研究の魅力と壁」

モデレーター:石川麻乃(東大・新領域)


« 生物科学ニュースのトップへ戻る