生物科学ニュース

ホーム > 一般向け情報 > 生物科学ニュース > 【学術集会】ミニシンポ『微細藻類は地球を救えるか』のお知らせ

【学術集会】ミニシンポ『微細藻類は地球を救えるか』のお知らせ

2024年3月 8日

みなさま

東京大学大学院新領域創成科学研究科・機能性バイオプロジェクト・河野 重行 会員より、シンポジウムのお知らせです。対面のみの開催で、参加登録が必要です。シンポジウム終了後に交流会(有料)も開かれます。こちらも参加登録が必要です。詳細は以下にありますURLをご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~
第14回「機能性バイオ」ミニシンポ

『微細藻類は地球を救えるか

 ―低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出―』


日時:3月27日(水)13:00 ~ 17:10

場所:東京大学・安田講堂

【はじめに】(13:00~13:10)
ご挨拶
 徳永朋祥(東京大学教授・新領域創成科学研究科長)

【基調講演】(13:10~13:40)
僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。
 出雲 充(㈱ユーグレナ社長)

【招待講演】(13:40~14:40)
地球の表層環境の変遷:過去、現在、未来
 田近英一(東京大学教授)

カーボンニュートラルに向かう世界:バイオマスへの期待
 高村ゆかり(東京大学教授)

【特別講演】(15:00~17:00)
バイオエコノミーな社会の実現に向けて:国際動向と日本の課題
 松尾真紀子(東京大学特任准教授)

油脂生産性に優れた緑藻の選抜と選抜株の育種
  原山重明(中央大学機構教授)

海藻類を陸で育てる技術開発と食糧・環境・エネルギー分野への貢献
  佐藤陽一(理研食品㈱)

OPERAの狙い:とことんバイオリファイナリー
  河野重行(東京大学名誉教授)

【おわりに】(17:00~17:10)
ポストOPERA:光合成ものづくりへの期待
 三谷啓志(東京大学特任教授・JST/OPERA研究統括)

【交流会】(17:30~19:00)カポ・ペリカーノ(医学部1号館13F)

(交流会は有料、予約受付のみ)

参加登録、ポスター、フライヤー、講演者の紹介、問合先などについては、JST/OPERA機能性バイオ共創コンソーシアムのホームページをご覧ください。

https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/functionalbio/event.html

JST/OPERA機能性バイオ共創コンソーシアム


« 生物科学ニュースのトップへ戻る