生物科学ニュース

ホーム > 一般向け情報 > 生物科学ニュース > 【公募】黒松内生物多様性保全奨励事業「ブナセンター賞(研究助成)」の募集

【公募】黒松内生物多様性保全奨励事業「ブナセンター賞(研究助成)」の募集

2024年3月 8日

みなさま

北海道黒松内町ブナセンターから研究費公募のお知らせです。

~~~~~~~~~

令和6年度黒松内生物多様性保全奨励事業の「ブナセンター賞(研究助成)」の募集を開始いたします。ご興味のある方は是非ご応募ください。

1 趣旨

黒松内町は、ブナ自生北限の町として、天然記念物・歌才ブナ林に代表される多様性の高い自然を保全し、人と自然の調和を進めるまちづくりを行ってきました。

また、ブナセンターを中心に地域特性が顕著な学術的研究(ブナ林、清流朱太川、黒松内低地帯、貝化石層等)成果の蓄積および普及を行っています。

さらに、黒松内町は現在、生物多様性の保全・再生・活用に向けた地域づくりを推進しています。

そこで、この活動をさらに発展させ、住民への学習機会の充実と、各研究機関との交流を推進し、研究成果の蓄積および活用を図ることを目的として、「黒松内生物多様性保全奨励事業」を実施いたします。

2 対象分野

黒松内町の生物多様性の保全・再生・活用に関する基礎研究から応用研究まで、その内容が黒松内町生物多様性地域戦略の推進に貢献するもので、黒松内町に存在する事象や課題に関連する研究を対象とします。

[キーワード]

生物多様性・北限のブナ林・里地里山・河川・土壌・黒松内低地帯・酪農・農業・林業・自然エネルギー・加工品・生態系サービス・持続可能な地域づくり・自然の恵み(朱太川の鮎、森林療法等)

3 対象者 

・ブナセンター賞(生物多様性調査研究助成)

上記の分野において現に研究活動に従事するか、または研究着手の段階にある個人またはグループ(学生も可。概ね45才以下)。

過去の受賞者及び応募者の再応募も可能です。

研究成果が3年以内に公表(成果発表会での発表も含む)されるものとします。

 

4 募集期間

令和6年3月6日(水)~令和6年4月26日(金)

選考結果は、令和6年5月下旬にお知らせいたします。

 

詳細は、以下のホームページをご覧ください。応募書類も以下からダウンロードできます。

http://bunacent.host.jp/grantaward.html

問合せ先

黒松内町ブナセンター

主査 寺尾 英一郎(てらお えいいちろう)

 〒048-0101 

北海道寿都郡黒松内町字黒松内512-1

TEL 0136-72-4411/FAX 0136-72-4440

e-mail address : bunacent@host.or.jp


« 生物科学ニュースのトップへ戻る