お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > お知らせ > 生物科学ニュース冊子体の送付料有料化のお知らせ

生物科学ニュース冊子体の送付料有料化のお知らせ

[お知らせ]  2007年11月 9日

 会員の皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます.また日頃より本学会の活動にご協力賜り,厚くお礼申し上げます.この9月8日に開催されました総会にてお認めいただきましたように,2008年度(平成20年度)より,生物科学ニュース冊子体の送付料が有料化されることとなりました.冊子体送付をご希望の方には,郵送料相当分,年額1,000円を会費とは別にご負担いただくことになりますので,ここにお知らせ申し上げます.
 最近急速に学会の会計状況は悪化しており,その改善のための方策の1つとして,生物科学ニュースの電子メール配信が進められてきました.先般,冊子体廃止に関するアンケート調査を実施しましたところ,生物科学ニュースを全て電子メール配信とすることに対し,多くの方のご賛同が得られました.しかしその一方で,実費負担となったとしてもWeb環境の悪い会員への配慮が必要であるとの強い要望も寄せられました.これを受けて,郵送料相当分をご負担いただいた場合には,生物科学ニュースの情報を何らかの紙媒体で送付する道を残すことに致しました.なお,当面は従来通りの冊子体の形でお送りする予定ですが,冊子体送付希望者があまりにも少なくなった場合は,冊子体印刷を取りやめてコピー送付となる可能性がありますので,ご了承ください.このことにつきましても9月8日の総会にて御承認いただきましたとおりです.
 つきましては,生物科学ニュースの冊子体送付を希望される方は,本誌(12月号)に同封した郵便局振替票にて,1,000円(2008年度分)を2007年12月31日までにお振り込みいただきますようお願い申し上げます.電子メール配信へ切り換えることをご希望の方は,学会事務局(bsj@bsj.or.jp)まで,「電子メール配信希望」との件名でメールアドレスをお知らせください.12月31日までにお振り込みのない場合には,電子メール配信へ自動的に切り換えさせていただきますが,事務局に登録されているメールアドレスに誤りのあることが多いため,できるだけご連絡いただけますようお願い申し上げます.なお,電子メール配信を希望された場合でも,切り換え手続きに時間を要するため,2008年1月号及び2月号は冊子体をお送りする可能性がありますので,ご了承ください.経費削減のため,この機会にできるだけ電子メール配信に切り換えて頂けますよう,重ねてご協力お願い申し上げます.

会計担当理事 永田典子

« お知らせのトップへ戻る