お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > お知らせ > (社)日本植物学会 平成19年度総会議事録

(社)日本植物学会 平成19年度総会議事録

[お知らせ]  2007年11月 9日

日時:平成19年9月8日 午後5時30分〜午後6時20分
場所:東京理科大学野田キャンパス薬学部13号館(S会場)

出席者:代議員総数64名に対して出席者30名 委任状出席27名

 開会に先立ち会長から挨拶があった.
 議長として和田正三会長が選出された.

 代議員総数64名に対して,出席者30名,委任状出席27名である旨が村上庶務担当理事より報告され,定足数に達しているので総会は成立することが議長より宣言された.

 議事に先立ち,井上康則第71回大会会長より挨拶があった.
 議事録署名人として園池公毅,山本興太朗両氏が承認された.

I.報告事項
1.会務報告
1) 小関専務理事より,当学会の会員数について報告がなされた.会員数の最も多かった平成13年度と比べて会員数が300名以上も減少していることが説明された.その後,逝去会員の冥福を祈り,出席者全員が黙祷を捧げた.
2)永田会計担当理事より,当学会の会計状況について報告がなされた.最近3年間で当学会の実質的な正味財産が合計して900万円近くも減少しており,財政が逼迫した状況であることが報告された.
3)西谷編集担当理事より,JPRの現状について報告された.
4)村上庶務担当理事より,役員・委員報酬規定の改訂をして,平成20年度よりJPR編集委員と図書担当理事以外の会務担当理事の報酬額を従来の半額の9万円,図書担当理事も従来の報酬額の半額である3万円に減額することが報告された.
5)村上庶務担当理事より,生物科学ニュースのオンライン化に関するアンケートの結果が報告された.「ウェブ環境の悪い会員を切り捨てるべきではない」と言う意見が少なからずあったこと,そのような反対意見を述べられた方の中にも「冊子体配布者に一部実費負担をしていただくのはやむを得ない」という意見が多かったことが報告された.
6)小関専務理事より,平成19年度の学会賞受賞者の報告がなされた.

II.審議事項
1.第一号議案:平成19年度事業計画修正案
 村上庶務担当理事より,平成19年度事業計画修正案(生物科学ニュース9月号にて公告)が説明され,審議の結果,満場一致でこれを承認した.
2.第二号議案:平成20年度事業計画案
 村上庶務担当理事より,平成20年度事業計画案(生物科学ニュース9月号にて公告)が説明され,審議の結果,満場一致でこれを承認した.
3.第三号議案:平成19年度補正予算案
 永田会計担当理事より,現時点の会計状況にもとづく平成19年度補正予算案(生物科学ニュース9月号にて公告)が説明され,審議の結果,満場一致でこれを承認した.
4.第四号議案:Supplement 廃止の件
 永田会計担当理事より,Supplementの廃止案について説明された.これにより,印刷・郵送費用150万円程度を削減できるとのことであった.審議の結果,満場一致でこれを承認した.
5.第五号議案:生物科学ニュース冊子体送付有料化及びそれに係わる細則改正承認の件
 永田会計担当理事より,生物科学ニュース冊子体送付者に冊子体の郵送料に相当する年額1,000円を負担していただく案について説明がなされた.これにより,50万円程度の経費節減がはかれるとのことであった.また,村上庶務担当理事より,それに関わる細則の改正案について説明がなされた.
 会費の値上げと会員へのサービス低下が同時に起こるのは好ましくないとの意見が出された.審議の結果,賛成50,反対7でこれを承認した.
6.第六号議案:会費値上げ提案及びそれに係る細則改正承認の件
 永田会計担当理事より,学生会員の会費を4,500円から2,000円に値下げする一方,一般会員の会費を9,000円から12,000円に,海外会員の40 USドルを60 USドルに,団体会員を20,000円から30,000円に,それぞれ値上げする,そして賛助会員については,現在の50,000円を据え置く案について説明がなされた.会費の値上げは財政が逼迫している状況を改善するために不可避であること,その一方で会員数の減少が学会の財政を悪化させている主要因であり,将来的に会員数を増やすためにも若手の本学会への入会を促進する戦略として,学生会員の会費を大幅に値下げする提案をした旨の説明があった.また,村上庶務担当理事より,それに関わる細則の改正案について説明がなされた.
 これに対して,会費の値上げによって会員数が減少してしまうことは想定済みなのか,それによって学会の財政がどのようになるのかという質問があった.永田会計担当理事より,会員数が減らないことを願っているが,仮に会員が100名減少しても,財政はもちこたえられるとの回答があった.審議の結果,賛成56,反対1でこれを承認した.
7.第七号議案:平成20年度予算案
 永田会計担当理事より平成20年度予算案(生物科学ニュース9月号にて公告)が説明され,審議の結果,満場一致でこれを承認した.
8.第八号議案:平成20年度大会開催地の件
 平成20年度大会を奥田一雄大会会長の下,高知大学朝倉キャンパスで開催されることが説明され,審議の結果,満場一致でこれを承認した.

以上にて議事を終了し午後6時20分に閉会した.

« お知らせのトップへ戻る