お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > お知らせ > 研究現場における支障・改善項目に関するご意見の募集

研究現場における支障・改善項目に関するご意見の募集

[お知らせ]  2009年5月 8日

(社)日本植物学会会員各位

拝啓 

日頃、植物学会活動において御世話になりありがとうございます。

日本学術会議会長の金澤一郎先生より学会宛に、総合科学技術会議有識者議員会合で議論するため、「研究の現場において研究を進める上で支障となっており、その改善が図られれば、よりスムーズな研究ができると思われる事項(例えば、研究費等経費の使用の不便さの解消、施設・設備の目的外使用の緩和など、できるだけ多くの研究者に共通するような事項)」について問い合わせが来ております。

学会員の皆様のご意見を集約して回答できればと思いますので、ご多忙のところ恐縮ですが、具体的な支障例とその解決の方策を添付書類に記入して学会事務局(bsj@bsj.or.jp)までメイルでお送りください。また、その他ご意見をお持ちの方は、同様にご回答いただければ幸いです。

御回答は5月22日(金曜)までにお願いします。また、ご意見の採否は事務局の判断に一任くださいますようお願い申し上げます。研究環境改善のため、みなさまの積極的なご意見をお待ちしております。

敬具

(社)日本植物学会会長
福田裕穂

添付書類
http://www.bsj.or.jp/osirase/siryou/iraijou.doc
http://www.bsj.or.jp/osirase/siryou/bekkiyoushiki.doc

« お知らせのトップへ戻る