お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > お知らせ > 政府の「アクションプラン」が植物科学重視に修正されました

政府の「アクションプラン」が植物科学重視に修正されました

[お知らせ]  2010年6月11日

(社)日本植物学会会員の皆様
先日来何度もお願いしてきましたパブコメ投稿や「植物を活かす」シンポジウ ムへの皆様の積極的な活動の結果、平成23年度科学技術関連予算の重点推進 事項を定める「アクションプラン」の修正案が公表され、グリーン・イノベー ションの中で、「バイオマス」「植物科学」をより重視する様に直されまし た。特に、修正案では、基礎的研究として植物科学が明示されている点は特筆 すべきではないかと思います。
 グリーンイノベーションのパブコメのトップに「植物科学を利用した技術の 研究も位置づける必要がある」と記載されていますし、3番目には「食料増産 技術、農業技術の研究も位置づける必要がある」4番目に「森林・生物多様性 の保全、自然共生も位置づける必要がある」と書かれていることは、皆様から のパブコメが如何に多かったかと言うことと、それが、実際に施策に反映され たことを示しています。皆様の積極的な参加に心より敬意を表します。今後と も、一緒になって社会への発信を続けていくつもりでおりますので、ご支援をよろしくお願いいたします。

なお、パブコメの結果と修正された「アクションプラン」は以下のサイトで見 られます。

http://www8.cao.go.jp/cstp/budget/aptf/green5/index.html

(社)日本植物学会
会長 福田裕穂

« お知らせのトップへ戻る