お知らせ

ホーム > 会員向け情報 > お知らせ > お知らせ > (公社)日本植物学会平成25年度第三回理事会議事録

(公社)日本植物学会平成25年度第三回理事会議事録

[お知らせ]  2013年8月17日

(公社)日本植物学会平成25年度第三回理事会議事録

日時:平成25年8月3日(土)13:00-18:00
場所:東京大学理学部2号館 植物講義室(223号室)
参加者:戸部博会長、加藤美砂子専務理事、杉山宗隆副専務理事、西田生郎編集担当理事、園池公毅理事、田中歩理事、西谷和彦理事、久堀徹理事、三村徹郎理事、國府方吾郎会計担当理事、阿部光知庶務担当理事、大森正之監事、邑田仁監事、二宮三智子(事務局)、内田美重(事務局)
欠席者:福田裕穂理事

開会に先立ち、戸部博会長から挨拶があった.
議長として戸部博会長が選出された.

Ⅰ.報告事項
(1) 運営委員会報告
加藤専務理事より、運営委員会の活動および平成25年7月26日(金)に開催された第二回運営委員会の報告がなされた.
(2) 会務報告
阿部庶務担当理事より、資料1−1に基づいて会務報告がされた.戸部会長より、逝去会員のリストが報告された.
(3) 会計報告
國府方会計担当理事より、資料2に基づいて平成25年度公益社団法人日本植物学会の会計報告がされた.
(4) 図書関連報告
加藤専務理事より、資料1−1に基づいて雑誌の交換・寄贈について報告がなされた.
(5) 植物学雑誌(JPR) 関連報告
西田編集担当理事より、資料1−2、3に基づいてJPRの編集・出版状況が説明され、投稿総数の増加が顕著である旨報告された.現在、JPRのInstructions to Authorsの見直しに着手していることも報告された.戸部会長から他学会誌の科研費取得状況についての説明があり、次年度の科研費申請についての議論を行った.久堀理事から事前申請が可能であるとの指摘があり、運営委員会で検討することとした.
(6) 日本植物学会賞選考委員会報告
加藤専務理事より、資料1−2に基づいて本年度の学会賞受賞者および選考過程について報告がされた.受賞者数の増減について議論があり、予算化されている事業であることから、規定数を超えて受賞者を決定する際には、今後選考委員会に説明を求めることとした.
(7) JPR論文賞報告
西田編集担当理事より、資料1−3に基づいて本年度のJPR論文賞の受賞者ならびに選考過程が報告された.
(8) 次期日本植物学会賞選考委員について
加藤専務理事より、資料1−3に基づいて次期日本植物学会賞選考委員のリストが報告された.
(9) 生物科学学会連合報告
加藤専務理事より、資料4−1、4−2に基づいて報告がされた.「日本版NIH構想」に対する緊急声明に賛同した経緯の説明があり、大森監事から現状の補足説明がなされた.
(10)広報委員会
西谷理事より、資料5に基づいて広報委員会の活動状況の報告がされた.広報委員会の組織再編について拡大広報委員会で議論する予定であることも報告された.
(11)ホームページ委員会報告
岩元委員長にかわり西谷理事より、ホームページの永続的な運用方法について議論を重ねている旨報告された.園池理事より、サーバー管理の外部委託の提案があり、外部委託も視野に入れ今後検討することとした.
(12)男女共同参画委員会報告
川合委員長にかわり加藤専務理事より、資料6に基づいて男女共同参画委員会の活動報告がされた.第13期男女共同参画学協会連絡会監事学会に決定しているため、準備を開始している旨報告された.
(13)自然史学会連合報告
加藤専務理事より、資料1−3、1−4に基づいて自然史学会連合の活動について報告がされた.
(14)財団等への推薦について
加藤専務理事より、資料1−4に基づいて報告がされた.
(15)協賛・後援について
加藤専務理事より、資料1−4に基づいて報告がされた.
(16)各地区植物学会の活動について
阿部庶務担当理事より、資料1−5に基づいて地区植物学会の活動状況が報告された.
(17)平成27年度大会開催地について
加藤専務担当理事より、資料1−5に基づいて平成27年度大会を新潟大学の西川会員が中心となり引き受けることが報告された.
(18)平成25年度日本植物学会第77回大会(札幌大会)の申込状況について
田中理事より、資料1−6に基づいて札幌大会の申し込み状況について報告がされた.
(19)その他(「日本植物学会30年のあゆみ」について)
加藤専務理事より、「日本植物学会30年のあゆみ」を製本し、これまで会務に携わった会員に配布する旨報告された.

Ⅱ.審議事項
(1) 公益社団法人日本植物学会平成26年度事業計画(案)
阿部庶務担当理事より、資料7に基づいて公益社団法人日本植物学会平成26年度事業計画案について説明がされた.審議の結果、修正案を満場一致で承認した.
(2) 公益社団法人日本植物学会平成25年度補正予算(案)
國府方会計担当理事より、資料2に基づいて公益社団法人日本植物学会平成25年度補正予算案について説明がされた.基本財産運用益の減少、非常勤職員の給料手当等の増額、JPRページ数超過による費用の発生等、補正項目の説明がなされた.三村理事より、法人会計収支の相殺によって安定的な学会運営に支障が生じる可能性について質問があり、杉山副専務理事より内閣府からの説明が明確でないこと、今後、合理的な理由のもとで黒字化し、安定した学会運営を目指すことが説明された.JPR刊行安定化基金ならびにその利息の取り扱いに関して修正点が指摘され、後日持ち回りで審議することとなった.
(3) 公益社団法人日本植物学会平成26年度予算(案)
國府方会計担当理事より、資料2に基づいて公益社団法人日本植物学会平成26年度予算案について説明がされた.JPR刊行安定化基金ならびにその利息の取り扱いに関して修正点が指摘され、後日持ち回りで審議することとなった.
(4) 公益社団法人日本植物学会定款第23条の改定
加藤専務理事より、資料8に基づき公益社団法人日本植物学会定款第23条3項の改定について説明がされ、審議の結果、満場一致で承認した.
(5) 公益社団法人日本植物学会役員候補者選任規程の制定
加藤専務理事より、資料9に基づき公益社団法人日本植物学会役員候補者選任規程の制定について説明がされた.審議の結果、満場一致で承認した.
(6) 公益社団法人日本植物学会定款第33条の改定
杉山副専務理事より、資料8に基づいて公益社団法人日本植物学会定款第33条の改定について説明がされた.出席理事より修正点が指摘され、審議の結果、修正案を満場一致で承認した.
(7) 公益社団法人日本植物学会会計処理規程の改定
杉山副専務理事より、資料10に基づいて公益社団法人日本植物学会会計処理規程の改定について説明がされた.審議の結果、満場一致で承認した.
(8) 公益社団法人日本植物学会定款第31条の改定
國府方会計担当理事より、資料8に基づいて公益社団法人日本植物学会定款第31条の改定について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(9) 公益社団法人基本財産運用内規の改定
國府方会計担当理事より、資料11に基づいて公益社団法人基本財産運用内規の改定について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(10)公益社団法人日本植物学会細則の改正
杉山副専務理事より、資料12に基づいて公益社団法人日本植物学会細則第4条、第10条の改正について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(11)公益社団法人日本植物学会代議員選挙施行細則の改正
杉山副専務理事より、資料13に基づいて公益社団法人日本植物学会代議員選挙施行細則第3条の改正について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(12)公益社団法人日本植物学会会長候補者選挙施行細則の改正
杉山副専務理事より、資料14に基づいて公益社団法人日本植物学会会長候補者選挙施行細則第3条の改正について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(13)特定費用準備資金の保有について
杉山副専務理事より、特定費用準備資金の説明がされた.特定費用準備資金は、比較的取り崩しが容易な資産として取り扱えること、資金の目的・期間の明確な設定が必要であることが説明され、目的の例としてIBCへの若手派遣費用、数年おきに大会シンポジウムを重点化する案が示された.三村理事より、学会運営が資金の積立によって圧迫される可能性が指摘された.参加理事からは、大会会計が黒字で推移しているとの指摘もあり、特定費用準備資金の取扱いについては、今後も継続的に審議することとした.
(14)特定費用準備資金等取扱規則の制定
杉山副専務理事より、資料15に基づいて特定費用準備資金等取扱規則の制定について説明がされたが、審議の結果、継続審議とすることとした.
(15)平成26年度大会会長について
加藤専務理事より、資料1−6に基づいて平成26年度大会会長について東京工業大学の大隅良典会員を大会名誉会長、久堀徹会員を大会会長とする予定であることが説明された.審議の結果、満場一致で承認した.
(16)選挙管理委員の交代について
加藤専務理事より、資料1−6に基づいて選挙管理委員の交代について説明がされ、審議の結果、満場一致で承認した.
(17)会長選挙について
加藤専務理事より、資料1−6、1−7に基づいて会長選挙スケジュールの説明がされた.審議の結果、満場一致で承認した.
(18)公益社団法人日本植物学会受賞者選考規定の改定
加藤専務理事より、資料16に基づいて公益社団法人日本植物学会受賞者選考規定の改定について説明がされた.出席理事より修正点が指摘され、修正案を満場一致で承認した.
(19)公益社団法人日本植物学会受賞者選考に関する覚書の改定
加藤専務理事より、資料17に基づいて公益社団法人日本植物学会受賞者選考に関する覚書の改定について説明がされた.大賞受賞者の選考方法、利害関係者について修正点が指摘され、修正案を満場一致で承認した.
(20)公益社団法人日本植物学会役員・委員等選出方法概要の改定
杉山副専務理事より、資料18に基づいて公益社団法人日本植物学会役員・委員等選出方法概要の改定について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した
(21)公益社団法人日本植物学会職員給与規定の改定
加藤専務理事より、資料19に基づいて公益社団法人日本植物学会職員給与規定の改定ついて説明がされ、審議の結果、満場一致で承認した.
(22)公益社団法人日本植物学会非常勤職員給与規定の改定
加藤専務理事より、資料20に基づいて公益社団法人日本植物学会非常勤職員給与規定の改定ついて説明がされ、審議の結果、満場一致で承認した.
(23)JPR編集室非常勤職員時給の改定
加藤専務理事より、資料21に基づいてJPR編集室非常勤職員時給の改定ついて説明がされた.出席理事より、規定に基づいた昇級なのか質問があり、加藤専務理事より公益社団法人日本植物学会非常勤職員給与規定第7条3項に基づいたものである旨説明がされた.審議の結果、満場一致で承認した.
(24)公益社団法人日本植物学会出張規定の改定
加藤専務理事より、外国人が学会賞を受賞した初めてのケースである経緯の説明があり、資料22に基づいて公益社団法人日本植物学会出張規定の改定について説明がされた.議論の結果、第10条2項については変更を加えないこととした.第10条2項以外の改定については、満場一致で承認した.
(25)公益社団法人日本植物学会財団等推薦候補者選考委員会覚書の改正
加藤専務理事より、資料23に基づき公益社団法人日本植物学会財団等推薦候補者選考委員会覚書の改正について説明があり、審議の結果、満場一致で承認した.
(26)大会協力者への記念品について
加藤専務理事より、資料24に基づき経緯の説明がなされた.大会シンボルマークの意匠について議論し、満場一致で承認した.
(27)みどりの学術賞の推薦方法について
加藤専務理事より、資料25に基づき経緯の説明がなされた.審議の結果、推薦者は戸部会長に一任することとした.
(28)「日本の植物学百年の歩み」のPDF化について
加藤専務理事より、資料1−7に基づき「日本の植物学百年の歩み」のPDF化について説明がされた.審議の結果、満場一致で承認した.
(29)Journal of Plant Research交換冊子の廃止
加藤専務理事より、資料1−7に基づきJournal of Plant Research交換冊子の廃止について説明がされた.審議の結果、JPRを寄贈する事を承認した.
(30)平成25年度臨時代議員会について
加藤専務理事より、資料1−7に基づき平成25年度臨時代議員会の開催について説明があり、審議事項の修正点が指摘された.修正案を満場一致で承認した.

以上にて議事を終了し、18:00に閉会した.

« お知らせのトップへ戻る