植物の世界

ホーム > 一般向け情報 > 植物の世界

出版物

植物の世界 日本植物学会(編)1950年(昭和25年)共立出版株式会社

サンプル1 サンプル2 サンプル3 サンプル4

(全文はここからダウンロードできます。共立出版株式会社から、本学会ホームページでの電子掲載および読者向けダウンロードの利用については許可を得ています。無断で転載することはできません。)

 日本植物学会所蔵図書の中から、貴重な図書「植物の世界」が見つかりましたのでWEB公開することに致しました。国内図書検索では国会図書館と長崎大学のみに所蔵される貴重な本です。
 日本植物学会が編集を行い、小倉謙(おぐらゆずる)東京帝国大学教授(植物形態学)が日本植物学会会長(1946年〜1955年)を務めていた1950年(昭和25年)11月に出版された本です。当時の新制中学校の学生向けに出版されました。
 面白い植物の紹介からはじまり、植物の形態・生理・成長・遺伝・品種改良、実験研究の仕方、植物とことわざまで幅広くまとめられ、当時の植物学を知ることができる内容になっています。学術的には既に古くなった内容もありますが、今の時代に読んでも興味深い内容です。
 なお「序」には、戦後復興の時代、スウェーデン開催の第7回国際植物学会議(IBC)に国内研究者を派遣する資金が政府からの支援だけでは不十分でしたが、広島支部の会員が「植物の世界」を出版した印税を準備金として供出した旨が書かれています。
 当時の植物学普及への情熱や会員間の助け合いの様子を垣間見ることができます。

(解説文:東馬哲雄 図書委員)